うつ病は「心の病」から「脳の病」だと認識されるようになりました。新宿メンタルクリニックでは、その「脳の病」を治療する最新治療法を導入しています。

新宿メンタルクリニックの最新うつ治療法

うつ病はずっと「心の病」と言われてきました。

確かに、不安になったり、ひどく落ち込んだようになってしまったり、前向きに考えれなかったりという症状がうつ病にはあります。

しかし、うつ病は心の病気ではありません。

最近では、「うつ病は脳の病気である」と専門医師の間では認識されています。

「脳の病気」と聞くと、すごく恐ろしいように思ってしまいますが、実態のわからない「心」が病気であるよりも、より的確に治療できるようになったと考えてみてください。

うつ病治療法は、どんどん進化しています。

うつ病治療法の進化とともに、クリニックも変わってきています。

最新のうつ病治療法を用いたクリニックでは、新宿メンタルクリニックが有名です。

新宿メンタルクリニックは、従来の精神科やメンタルクリニックとは違い、「TMS治療」をメインにうつ治療を行っているクリニックです。

このエントリーをはてなブックマークに追加